思い出した。

僕が子供の頃のことですが、とっても勉強に励んでいたことを思い出しました。
いわゆる「ガリ勉」でした。

前回のブログへのコメントで、僕の出身校を褒めてくださった方がおり、ちょっと嬉しかったのです。
そして、思い出したのですが、高校時代の僕、ものすごーーく勉強してました。



その頃は、「4当5落」と言う言葉がありました。睡眠時間が4時間以内なら志望校に合格する。5時間以上なら不合格になる。それくらい時間を惜しんで勉強しなさい、ということです。
ちなみに、その頃、「5当4落」という言葉もありました。5億円あれば、国会議員に当選する。4億円では落選する。という意味です。

僕は、高校時代、とりあえず運動部に入っていたのですが、暗くなって家に帰ると、すぐにその日の授業の復習をしていました。
しばらくすると、母親から「ご飯が出来たよーーー」と声が掛かります。
ご飯が済むとまた勉強です。
その日の授業の復習が済むと、翌日の授業の予習をします。
その後、「高1コース」とかの付録の問題集をしたり、「シケタン」を覚えたりしていました。

12時頃からお風呂に入ってまた勉強して、3時頃に寝てました。
朝は、8時頃に起きて(結局5時間寝てるし)、朝ごはんも食べずにゲキチャリで高校へ行っていました。
今なら自転車で20分くらいはかかりますが、当時は7.8分で通っていました。
よく交通事故にも会わずに3年間通えたものだと思います。

一番の友達はラジオ番組だったでしょうか。
貧しい農家の子どもでしたが、もらったお年玉でラジオを買いました。
両親に兄弟が多く、(僕から見ればオジサン、オバサンが多く)お年玉はそこそこ貰えました。

ちっちゃなトランジスタラジオを買ってもらっていたのですが、どうしても「いいラジオ」が欲しくて買ったのが、東芝の「サウンドナナハン」(…たぶん)。
「テレビの音も盗め」というキャッチフレーズで、5バンドのいい品です。たぶん子供の頃自分で買ったものでは、一番いいものです。
5バンドでテレビの音を聞くことができ、短波とかも当然のように聞けました。
東海放送の音波を拾ってレモンちゃんの声が聞こえた時は嬉しかった。
他には定番の「オールナイトニッポン」は必ず聞いていました。
地元の南海放送では、「門田洋子の夜のバラード」という番組が好きでした。


勉強し過ぎて、結構 成績も上がって、地元の大学を希望していたのですが、先生から「もう少し上の学校を狙え」とか言われて、その気になってしまって。
当時の大学は、1期校と2期校というのがあって。進学したのは1期校です。地元は2期校だったので、1期校に合格した後、地元の2期校を受験するという選択肢もあったのですが。
合格してみると、やっぱりそちらへ行きたくなって。親へ無理を言って…。
高い買い物になりました。

今でも、同窓会などで地元の大学へ進学した人たちが愛媛県庁や松山市役所で活躍しているのを見ると、なんだかなぁと思ってしまうことはあります。



そんなこんなで、いろんなことを思い出していたのですが、大変なことを思い出しました。
探すのにちょっと時間がかかりましたが、これです。
「令和」

待ち遠しい春①」について

スゴイでしょ!!








家の解体は無事終わりました。
僕の家は、少し山手にあるのですが、景色が随分と良くなりました。
画像


ワンちゃんも庭が広くなって喜んでいます。
画像



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kawa
2019年06月09日 07:17
すごい( ^)o(^ )
ノストラダムス顔負けの予知能力
昨年からもうすでに「令和」を予言していたかのようですね 「令和」に決まった理由までも。びっくりです
2019年06月09日 17:22
「4当5落」とは懐かしい言葉ですね。
私の兄なんか、本当に言葉通りの感じでした。
私の世代にもその言葉は生きてましたが、
実際はそれほどは勉強しなかったです。
そこまで苦労して、大人の社会に
取り込まれるのは、何か格好悪い気がして…。
「令和」をご存知だったなんて凄いですね。
2019年06月10日 10:51
おはようございます
ひま爺イヴさんが、がり勉
信じられないけど。。。
>家の解体は無事終わりました
広い敷地ですね
ワンちゃんと楽しく遊んでね
2019年06月12日 10:37
受験勉強かぁ~ 親が 「公立高校しか うちは 出せないけど どうすんだ?」と 最低な状況で 言われて 「ヤバい!」と思い 3ねんになったら 「仕方がなく」勉強をやり始め…バラつきは あるにしても テストの順位は半分ぐらいまで 上げて(その前が ケツに 近い方と ひどいんだから 詐欺みたいな話?笑)まぁまぁ 「このぐらいなら 底辺の高校なら 入れるでしょ?」って感じで
無事 合格しました!
ただ うちの子供の時に知りましたが
「テストの順位」ではなく 「成績」つまり 「内申点」が 重要だったみたいで それを考えると 順位が低い時でも その高校は 下のレベルとはいえ 合格できたみたい?(笑)
まぁ 人並みに「受験勉強」ってのを やった…だけなのかな?(笑)
でも 1年のときから 真剣に もっと勉強していたら ~ どうだったのかな? とは 今にぬって思いますが~ ダメですよね!
勉強って 楽しく無いから~!(笑)
2019年06月13日 07:53
おはようございます!

4当5落
そんな言葉、ありましたねぇ。
オールナイトニッポンは勉強するふりして良く聞いてました。
鶴光、中島みゆき、松山千春にビートたけし。
勉強はそんなにしたことないです(^_^;)
数年前、ある受験にチャレンジしたときは1年間だけまじめに取り組みましたが。

>令月風和
すごい\(^o^)/
2019年06月14日 11:53
2018年の記事ですね。
令月風和 すごい すごい。
受験勉強ね~ 私も 必死で頑張った記憶があります。
私は キャビンアテンダントになりたかった。
昔は スチュワーデス と言っていましたね。
でも 裸眼で 0.6 ないとダメだったのですよ。
私は 裸眼で 0.3でした。
結局 旭化成に入社しました。 
そこで主人と出会ったので これでよかったのかな?
と思っています。
2019年06月19日 11:36
令和の話すごいですね!
わ~懐かしい!私も高校まで愛媛にいましたので。
オールナイトニッポンに門田洋子さん。
忘れていましたが夜のバラードだったのですね。
私の名前が呼ばれ、曲をプレゼントされた時はどきどき、結局誰からなのか分からずじまいでした。
レコードプレゼントに応募して当たったこともありました。
でも私はひま爺イヴと違って、勉強は進まず居眠りばかりしていましたけれど(-_-;)
2019年06月28日 21:19
ありがとうございます。
kawaさんのお陰で、いろいろなことを思い出しました。
楽しかったこと、辛かったことの積み重ねのおかげで今の自分があります。
これからも、いろいろな経験を積み重ねて、いい人生にしていきます。
2019年06月28日 22:17
 >そこまで苦労して、大人の社会に
  取り込まれるのは、何か格好悪い気がして…。
。。。うーーん。僕って子供の頃、そういう考え方できなかった。
大学入って初めて「反体制」とか「大人の考えを批判する」とかいう思想を知りました。
とっつきが遅かったので、その分、のめり込みそうになり、三里塚闘争とか連れていかれそうになりました。
全盛期を過ぎた学生運動です。
庭が広くなったのはいいのですが、後の世話が大変です。
先日は整地に取り掛かりました。1年位かかるかも。
近日中に、整地作業の様子をアップしますね。
内申書ってやっぱりあるんですね。
僕が中学生のころ、虫歯があったのですが、先生に「夏休み中に虫歯を治療しないと内申書に響くよ」みたいなことを言われ、歯医者さんへ何日も通いました。
その時削ったところが大人になってだんだん大きくなり、今では、奥歯がガタガタです。

今なら削るよりも歯磨きの仕方の指導をしてくれると思います。
とてもいい先生だったのですが、虫歯はほじくって治す、という時代だったのでしょう。

この年になると思い出話が尽きません。
2019年06月28日 22:41
おっ!!鶴光のオールナイトニッポン聴いてましたか!!
懐かしい。当時の子供にとってはかなりのエロトークでした。
中島みゆきや松山千春。歌手がお笑いトークする、衝撃的でした。最近(?)では福山雅治。
今では「歌手」なんて言いませんね。「アーティスト」ですね。

令月風和。すごいでしょ。
2019年06月28日 22:49
令月風和。すごいでしょ。

学生時代の友人(女性)がスチュワーデスになりたいといって英語の勉強をしていました。
結局、身長が低くて採用されなかったそうです。…というか、書類選考で落ちたそうです。
昔の人材募集は採用条件に「目見端麗」とか普通にありましたよね。
僕の職場は、昭和60年代に「身長160㌢以上の女子」と募集したら、労基に叱られました。
まだまだ、時間の流れがゆっくりしていた頃です。
令月風和。すごいでしょ。
門田洋子さんは、その後、フリーのアナウンサーや話し方教室の講師など地元でご活躍です。
最近は「青春同窓会」というラジオ番組のパーソナリティをされています。あの頃ヒットした曲や思い出話を紹介しています。(正直、最近は聴いていないのですが、たぶん今も続いていると思います。)

 >私の名前が呼ばれ、曲をプレゼントされた
 。。。ヒューヒューですね。

この記事へのトラックバック