ウナギの末廣、イスタンブールテラス、小春劇場。それぞれの3,500円

愛媛県松野町の天然ウナギの有名店「末廣」へ行ってきました。
車を飛ばして2時間。(「飛ばして」と言っても路面を走ってます。)
養殖モノと違って、脂(あぶら)がない。
パリッパリでした。

昔懐かしい味でした。


祖父が元気だったころのことです。50年以上前のことです。
先日祖父の50回忌の法要を行いましたので、間違いありません。
その頃、祖父は、近くのため池でよくドジョウやナマズを獲ってきていました。
その中にたまに、ウナギが混ざっていました。
それを家でさばいて、かば焼きにしてくれていました。
だから、子供の頃は天然のウナギしか食べたことがありませんでした。

ずいぶんと大人になって、「どこそこのウナギがうまい」とか、「かば焼きは一度蒸してフワフワにしたのがうまい」とか、蘊蓄を傾ける輩どもが周りに現れてきて。

今回お伺いした「末廣」のウナギは、ちっちゃくて、薄っぺらで、カリッカリ。
普段食べているウナギとは全くの別ものでした。

「どちらがおいしいか?」とかいうのではなく、全く別ものでした。
「カレーライスとハヤシライスどっちがおいしいか?」と言われても困ります。「どっちが好き?」という質問が正しいでしょう。

今回のウナギで、「普段食べてるウナギと末廣のウナギ、どっちが好きか?」と聞かれれば、僕は迷わず「末廣のウナギ」と答えます。(㊟普段ウナギを食べているという自慢ではありません)

画像

それにしてもこんなちっちゃなウナギ見たことない。
お店の人に「よぅ遠いとこからこんな小さいウナギ食べに来たなぁ」と言われました。

一膳3,500円。ヨメとふたりで7,000円。…と思ってたらなんと、消費税別です。
お会計をしようと思ったら、どこかのスナックの節税対策か?と思わせるような伝票に7,560円と書いていました。
まぁ、しょうがない。
ところが、いざ支払う段になると、「7,500円でいいです。」って言うんです。
「あぁそうなのか。アバウトなんだ。」と思いながら払おうとすると、また、「7,500円でいいです。」って言うんです。
どうやら「まけてくれてありがとう」の言葉が欲しかったようです。




急いで帰って4時過ぎには家に到着しました。
ワンちゃんの散歩をして、風呂へ入って。

その日の夜は、友人と飲み会です。
男友達と二人ボッチ会です。

「イスタンブールテラス」という松山では珍しいトルコ料理店です。
バイキングで飲み放題。ここも一人3,500円。税別。
ふたりで、きっちり7,560円でした。

ベリーダンスショーがあって、踊り子さん(店長の嫁さん?)が踊りながら客席を廻って来ます。

画像

相変わらず鼻の下が長いひま爺。
頭の上に写っているのはシャンデリアではなくて、冠(かんむり)です。



二次会は、四国でたった一軒(たぶん)の物まねパブ。「小春劇場」。
ここも、なんと3,500円。但し、税込み。ウレシイ。


上品なお店 愉快なお店 Ⅱ」について


画像

楽しかった。
小春師匠。また来ます。



最後の〆は、松山の夜の名店、「万寿」!  (…出た!!ボクのブログではチョー有名)
画像

餃子
画像

揚げ焼きそば。
今日はタール麺ではなく、新しいものに挑戦してみました。
ツレが食べてるのはピリ辛麺、だったかな?








さすがに疲れた。
翌日は、久しぶりに寝坊しました。


若い人には理解不能でしょうが、年をとると7時とか8時まで寝続けることはなかなか難しいのです。






















思い出した。

僕が子供の頃のことですが、とっても勉強に励んでいたことを思い出しました。
いわゆる「ガリ勉」でした。

前回のブログへのコメントで、僕の出身校を褒めてくださった方がおり、ちょっと嬉しかったのです。
そして、思い出したのですが、高校時代の僕、ものすごーーく勉強してました。



その頃は、「4当5落」と言う言葉がありました。睡眠時間が4時間以内なら志望校に合格する。5時間以上なら不合格になる。それくらい時間を惜しんで勉強しなさい、ということです。
ちなみに、その頃、「5当4落」という言葉もありました。5億円あれば、国会議員に当選する。4億円では落選する。という意味です。

僕は、高校時代、とりあえず運動部に入っていたのですが、暗くなって家に帰ると、すぐにその日の授業の復習をしていました。
しばらくすると、母親から「ご飯が出来たよーーー」と声が掛かります。
ご飯が済むとまた勉強です。
その日の授業の復習が済むと、翌日の授業の予習をします。
その後、「高1コース」とかの付録の問題集をしたり、「シケタン」を覚えたりしていました。

12時頃からお風呂に入ってまた勉強して、3時頃に寝てました。
朝は、8時頃に起きて(結局5時間寝てるし)、朝ごはんも食べずにゲキチャリで高校へ行っていました。
今なら自転車で20分くらいはかかりますが、当時は7.8分で通っていました。
よく交通事故にも会わずに3年間通えたものだと思います。

一番の友達はラジオ番組だったでしょうか。
貧しい農家の子どもでしたが、もらったお年玉でラジオを買いました。
両親に兄弟が多く、(僕から見ればオジサン、オバサンが多く)お年玉はそこそこ貰えました。

ちっちゃなトランジスタラジオを買ってもらっていたのですが、どうしても「いいラジオ」が欲しくて買ったのが、東芝の「サウンドナナハン」(…たぶん)。
「テレビの音も盗め」というキャッチフレーズで、5バンドのいい品です。たぶん子供の頃自分で買ったものでは、一番いいものです。
5バンドでテレビの音を聞くことができ、短波とかも当然のように聞けました。
東海放送の音波を拾ってレモンちゃんの声が聞こえた時は嬉しかった。
他には定番の「オールナイトニッポン」は必ず聞いていました。
地元の南海放送では、「門田洋子の夜のバラード」という番組が好きでした。


勉強し過ぎて、結構 成績も上がって、地元の大学を希望していたのですが、先生から「もう少し上の学校を狙え」とか言われて、その気になってしまって。
当時の大学は、1期校と2期校というのがあって。進学したのは1期校です。地元は2期校だったので、1期校に合格した後、地元の2期校を受験するという選択肢もあったのですが。
合格してみると、やっぱりそちらへ行きたくなって。親へ無理を言って…。
高い買い物になりました。

今でも、同窓会などで地元の大学へ進学した人たちが愛媛県庁や松山市役所で活躍しているのを見ると、なんだかなぁと思ってしまうことはあります。



そんなこんなで、いろんなことを思い出していたのですが、大変なことを思い出しました。
探すのにちょっと時間がかかりましたが、これです。
「令和」

待ち遠しい春①」について

スゴイでしょ!!








家の解体は無事終わりました。
僕の家は、少し山手にあるのですが、景色が随分と良くなりました。
画像


ワンちゃんも庭が広くなって喜んでいます。
画像



















お世話になった家を解体する。

家を解体することになりました。

とてもお世話になった家です。
この「家」自身にお世話になったという感じです。


わが家の祖父・父は農家で家の敷地はまぁまぁ広いです。
僕が物心ついたころ、わが家の敷地には、家族の住宅と納屋がありました。
庭には、そこそこの畑もありました。

僕が小学生の頃、この畑に借家を建てました。
二階建て一棟を二分割した長屋です。

この時点でわが家の敷地には建物が3棟になっております。

建てたのは、祖父がまだまだ元気だったころで、
祖父は「これで●●(僕の名前)を大学まで行かせることができる」と言っていたそうです。
家賃は、僕が高校生の頃に27,000円くらいだったかと思います。2軒で54,000円です。

祖父の言った通り、その後僕は大学に進学しました。しかも県外の大学に行かせてもらえました。
貧しい専業農家だったのに、よく行かせてくれたものだと感謝しております。(お世話になった①)


大学を卒業し、親の希望もあり地元へ就職しました。
その頃は、お陰様で借家にも人が入っており、息子の子洗いの済んだ両親は、貧農なりに家賃で糊口をしのいでおりました。

やがて、こんな僕も良縁に恵まれ、結婚することになりました。
その時は2軒とも店子がいたのですが、両親が無理を言って1軒に出て行っていただき、そこへ僕とヨメが住むことになったのです。もちろん、家賃はタダです。(お世話になった②)


やがて、子供ができ、子供が2人になり、その子供たちも小学生になり2個目の学習机が必要になった頃です。、
ちょうどその頃に長屋のもう1軒に住んでいた人が引っ越すことになったのです。
そこで2軒の間の壁をぶち抜き、1軒にする工事をしました。
その家で無事子供たちを育てることが出来ました。(お世話になった③)



そして数年前、両親も亡くなり、子供も一人は結婚し、いろいろ考えて、元々両親が住んでいた家を改装し、引っ越しをしました。
それ以来、僕たちが住んでいた元々の借家だった家は空き家になってしまいました。
引っ越して数年たちましたが、この度その家を取り壊すことにしたのです。


なぜ取り壊そうとしたかというと、冬場の日当たりが悪いことが第一の理由でしょうか。

もう一つ理由があります。
実は、数年前、ちょうど今の家に引っ越した頃、裏山のドングリや欅の苗、街路樹の銀杏の実を庭に植えていたものが最近大きくなり過ぎたのも理由の一つです。
建物を取り壊し、今度の冬に植え替えようかと考えているのです。
森の中に住むことが僕の憧れの、そして最も手が届きそうな夢のひとつなのです。


ただ、昨今の大工さん不足で費用は結構かかります。東日本大震災の復興と東京オリンピックに人手をとられて、土木建築業界は大賑わいのようです。
でも、東京オリンピックが終わるのを待つほどのんびりもしていられません。
現在、還暦の身。長くてあと30年ですから。(90歳まで元気でいることは、なかなか手が届きそうにない、でもそのために努力しがいのある夢のひとつです。)

相続した家を壊すのに、相続した貯金を崩して使うのですから、何のことはないのですが、相続税の払い損のような気がしています。(そういう意味で、自分自身の終活もきちんとしておかねばなりませんね。)

画像


画像


本当にお世話になった「家」です。
金銭的にも、精神的にも。
しゃぶりつくすようにお世話になったという感じです。

書いていて、というか一回アップして読み直していて気づいたのですが、家を解体することにした理由がもう一つありました。
次女が先日結婚しました。これまでは、もしかしたら結婚したらこのボロ家に住んでくれるかもしれない、などと言う淡い期待もありました。
結婚が決まって、住む家も探して、いよいよこの家に住むことはなさそうだぞ、と気づかされました。
家の解体は前々から考えていたのですが、次女の結婚が、この時期に強く後押ししました。



今日から解体工事が始まりました。










<近況の記録>~5月4日以降~
5月5日(日)   
井出掘り(溝掃除)  
これは、5月1.2日の続きです。合計3日かけての溝掃除です。
水利組合の年中行事のひとつです。
例年は3日の内1〜2日出ているのですが、今年は10連休のため3日ともでなければなりませんでした。

5月10日(金)
近所のパパ友と二人ボッチ会です。
二次会もバッチリです。
画像画像












5月11日(土)
飲み会。
お友達と。
友達が遅れてきたので、居酒屋おにぎりを食べながら待っていました。
飲み屋でおにぎりって自分史初かも!!
〆はキッチリ。タール麺。松山の飲み会〆の名所。万寿です。
画像画像










飲んでる写真がなかった。
これも珍しい。








5月12日(日)
田んぼを鋤く。
夏草は成長が早い。


5月14日(火)
ビアガーデン。
今年、初。
写真がない!!


5月16日(木)
歓送迎会。
4月のはじめの異動でしたが、決算等で皆忙しくこの日になりました。
職場の他の部署もこの週が多かったようです。
これも写真がない。


5月18日(土)
サザンオールスターズin博多。
今回のツアーは、珍しく四国の片田舎松山市でも開催されたのですが、抽選に外れてしまいました。
なので、なんと、博多まで出かけました。
ヤフオクドーム。
サザンの姿がちっちゃかった。
ほとんど、スクリーンで見るのみ。

後日、松山のコンサートに行った人の話を聞くと、後ろの方の席だったけどそこそこ見えたそうです。

でも、ヨメと二人のドライブが楽しかった。
画像

普段の家族旅行は、観光地巡りが多いのです。Y売観光やT急観光のチラシのような。
今回のように、たった一つの目的のためにズンズン走る旅行は初めてかも。




5月24日(金)
マツダズームズームスタジアムへ。
有給休暇をもらって、広島へ遊びに行ってきました。一人っきりで。
朝いちばんのフェリーにママチャリを載せて。家を5時30分発。
画像
午前中は、学生時代の懐かしい場所を廻りました。
写真は、母校。
今は、田舎に移転してしまい、ここは、放送大学と夜間学部が残っているだけです。

画像
マツダズームズームスタジアムに到着です。

画像
当日券を買ったのですが、入り口がチョー混雑。
二軍戦とは思えない混雑ぶり。
なので、球場前のお好み焼き屋「京ちゃん」でちょいと一杯。
    …のつもりが、二杯飲んじゃいました。

野球の話に戻ります。
カープvsホークス。さすがに人気チームです。
普通に一軍選手もたくさん出ていました。
ホークス:福田、中村晃、バンデンハーク、リリーフに加治屋。
カープ:小園、堂林、メヒア、代打下水流、リリーフに今村。
結果は4-2。カープの負け。
画像
こんな席もあって、ほかにもいっぱいおもしろい席があってマツダズームズームスタジアムは本当にアミュージングワールドです。


この後、お孫ちゃんちまで行って、遊んでもらって帰りました。
最終便で、家に着いたのは11時30分頃でした。

ママチャリんぐin広島。思い出深い一日でした。







原点に戻ります

サボっています。

「サボる」とは、「サボタージュ」することで、僕が学生時代には、授業を無断欠席して、喫茶店でおしゃべりすることでした。
そもそも「サボタージュ」とは、労働運動の専門用語で、仕事をする時に故意に手を抜いて経営者を困らせることです。
そんな解説をしていると、ふと思うのですが、最近の新入生達って、ナチュラルにサボタージュしてるかも。





最初に戻ります。
サボっています。ブログをサボっています。

この4月に、待望の定年退職を迎えたのですが、引き続き、高齢者の継続雇用というやつで、給料は安くなって。
仕事は、少しは楽になったのですが、やっぱりフツーに勤めなければならず。
昨年末から年明けに職員が2名連続して長期入院し、その職員の仕事をフォローしてたのですけど、誰もがそれをあたりまえのことととらえ、休んだ本人たちも同じ気持ちの様で。

しんどかったんです。仕事をするのは決して苦ではないのですが、優しい言葉が欲しかっただけなんです。
ちょっと、燃え尽き症候群です。



今は、9.5連休の真っ最中で、少し、心が和らいでます。




心は和らいでいますが、物理的にムリな状態もありました。

連休を利用して広島から遊びに来ていた、大好きな孫たちが、きのう帰って行きました。
孫ちゃんたちが遊びに来ると、とっても嬉しいのですが物理的に縛られます。

上の孫は、とっても「じいちゃん子」で、いつも僕に「アソボ、アソボ」って言ってくれます。
下の孫は、まだ、10ヶ月なのですが、なんか、じいちゃんに懐いてくれません。
ところが…、今日、帰る直前に!
 抱っこして外を散歩していると、いつもになく笑顔なのです。ヨッシャ。
外の敷台に座らせて、ニワトリと遊んでいるととっても機嫌がいい。
そのまま抱っこして、家のまわりをいっぱい散歩しました。

いつも「じいちゃん、じいちゃん」と言ってくれる上の孫も、この時はインターネットの「カブト・クワガタ ムシファイター」に夢中で、下の孫とたっぷり遊べました。



またまた、最初に戻ります。
サボっています。
ブログをサボっています。

4月3日以来のブログです。
前回も、ひま爺になりそこなった…なんてグチを言っていましたが、全く進展していません。
ヒトとしての成長が見られませんね。

そもそも、三日坊主で終わることを覚悟で始めたブログです。
まぁ、月一程度で今後も続けて参ります。



原点に戻ります。


日記として、日々の出来事を書き留めることに勤めます。

日記としてのブログなので、前回アップした4月3日以降の出来事を書き留めます。



4月6日㈯ お花見
お昼からヨメと二人でお花見です。
スーパーでお弁当買って。総合公園という山の上から、桜と景色を眺めました。
ここは、もう数年連続で来ています。

同日夜 お花見第二段です。
これも毎年恒例で、年の近い仲間5人が集まって道後公園で夜桜を楽しみます。
 …ホントに楽しんでるのは夜桜ではなくお酒です!!ワカッテルトハオモイマスガ
昨年は、この花見の時に人生初のナンパをしました。


4月7.8.9日㈰㈪㈫ 地元の水利組合の人と3泊旅行です。
水利組合というのは、農業用水路を管理するお百姓の団体です。
松山発-伊丹乗換-仙台着
帰りは、秋田発-中部セントレアー松山着
中尊寺を拝観して、なまはげ見て、牛タン食べて、東北の旨い酒のんで。
大名旅行でした。


4月12日㈮ ちょっと、友達と二人で飲みました。
何という訳でもなく、純粋にお酒を飲むことが目的の二人です。
二次会は、家の近くの『ウエル歌夢』というベタな名前のカラオケスナックへ行きました。
ここへ行けば、誰か知っている人が歌っています。


4月13.14日㈯㈰ 田んぼを鋤きました。
今まで、近所のおじさんが耕作してくれていたのですが、体調を崩し、昨年は、途中から耕作放棄地になっていました。
近くにある3畝ほどの土地なのですが、なかなか自分では耕作するに至らず、1年間ですっかり荒れてしまいました。春になり、草も伸びてしまったので仕方なく、田んぼを鋤きました。
草が伸びすぎているので、まずは、草刈り。その後、鋤きました。田んぼの回りの柵も壊れてしまっていたので、修理したら、なんと2日間もかかってしまいました。
農業って、お金を掛けずに2日間も遊べるんだ!!

4月19日には、かかりつけ医にお薬をもらいに行きました。連休中にお薬が切れると困るので。
定年退職、再雇用ということで、健康保健証は、一旦返却しています。新しいのができるまで3週間ほどかかると言われたのですが、訳を話すと保健証は後でいいと言ってくれました。ヨカッタ。
23日には新しい健康保健証ができたので、持って行きました。


4月20日㈯は、親戚のおじさんの法事です。
前にも書きましたが、僕は父が4人兄弟。母が8人兄弟です。
3人+7人=10人とその連れ合いを合わせて20人。全員生きていれば、80歳から100歳ちょっとくらい。
その人たちが次々と亡くなって。
田舎なので、四十九とか己午とか初回忌、3回忌、7回忌なんてことをします。
親が元気なうちは、親が行ってくれていたのですが、やがて、「連れて行ってくれ」になり、「代わりに行ってくれ」になり、親が亡くなってからは、自主的に参加しないと孝行心がない!なんて言われそうで。(実際、今は、いとこ達もたくさんきています。)
そんな訳で、年に何回も法事があります。(6月8日はうちの父の7回忌です。)


4月23日㈫は、仕事の関係で慰労会です。公的行事なので5時30分には開始していました。(松山では最上級にランクされる料亭で、本県知事と維●の会の橋●代表が密談をしたことでも知られています。) 例によって、お酒をお注ぎして回っていたので、美味しいものは食べ損ねました。
3次会まで行ったのに、その日のうちに帰れました。やはり、5時30分開始というのは、無敵ですね。



4月26日㈮ 連休前、僕の職場(5人)が全員揃う最後の日。
9.5連休が確定しました。ウレシイ。
(連休中、出勤しなくても仕事が乗り切れる見込みがついたという意味です。「ワタシ定時で帰ります」男バージョンが1名いるのですが、彼は既に帰ってました。)
9.5連休というのは、4月27日㈯半日出勤があるからです。


4月28日㈰ 孫たちが遊びに来ました。
とっても楽しくて、少し疲れる日々の始まりです。

5月1日㈬ いよいよ令和です。
なんと、この日、下の娘が入籍しました。
その日から一緒に住むということで、引っ越しの手伝いをしたのですが、粗方、彼氏が(夫が)既に運んでくれていたので、荷物はほとんどありませんでした。

5月2日㈭ 上の娘夫婦がちょうどうちに遊びに来ているので、昨日結婚した下の娘夫婦が挨拶に来てくれました。それぞれ初対面です。お昼ご飯を食べておしゃべりをしてかえりました。
下の娘夫婦は、昨日の引っ越しの後、夫の兄と顔合わせ。明日(3日)は弟と顔合わせです。
さっさと結婚披露宴やっとけば1回で済むのにね。

この日は、昼から亡き母の妹さん(僕のおばさん)が母のお墓参りに来てくれました。
連休で息子さんが帰省しているので、親戚を次々と回っている様です。
先日の法事でもあったのですが、足腰だけでなく、気持も弱っているような気がしました。


5月1.2日の午前中は、地元水利組合による水路の溝掃除もありました。

引っ越し、来客、溝掃除。
忙しかった。



そして、5月3日㈮の朝には、娘夫婦と孫たちが帰っていきます。サミシイ。


そして、ちょっと心と体に余裕ができたので、やっとブログの更新ができました。

長々とお読みいただきありがとうございました。


写真を1枚だけ
画像


観光なまはげ館で体験変身するひま爺
























令和がいい時代になりますように

令和

パソコンで「れいわ」と入力すると「令和」と変換される。
4月1日はできなかったはず。
いつ覚えたのだろう。
AIって、すごい!!




という訳で(どういう訳?)、久しぶりのブログです。


ひま爺と称しながら、けっこう忙しいんですよね。これが。
などと言いながら久しぶりのブログです。


前回からの(3月3日以降)の近況だけ書きとどめておきたいと思います。


3月5日(火) 松山の老舗料亭「八久茂」(やくも)で宴会。もちろん二次会付き。

9日(土) お彼岸を前にお墓の掃除…数少ない飲み会以外の行事

11日(月) 地元の水利組合の評議委員会
       …要するに、近所の百姓どもの飲み会

13日(水) 職場の仲間と飲み会…松山の中華料理の老舗「白魂」(はっこん)。もちろん二次会付き。

16日(土) 3月3日に続き、大切な人と会食…飲み会ではなくお昼ご飯。
      「いいこと」の始まりです。

20日(水)=(休前日) 
   職場関係のえらい人たちが送別会を開いてくれました。
   実は、わたくし、3月31日で定年なのです。
   仕事上の知り合いの方々なのに、個人的に開催してくださいました。
   感 極まって、溢れてくるものがあり、充分なご挨拶ができませんでした。
   もちろん二次会付き。

画像


画像

 
23日(土)~26日(火) 九州一人旅。たった一人の卒業旅行です。
             楽しかった。
             よく歩いた。4日で7万歩。
    
    23日夜出発 三崎港から佐賀関港へ  鳥栖 泊   
        この日の歩数 1万歩。

    24日 名護屋城と当時の大名の陣屋跡。
        豊臣秀吉の朝鮮出兵の基地です。
        徳川家康とか前田利家の陣屋跡も巡って来ましたが、
        草っパラで管理されていました。
        雑木林ではなく、草っパラに管理できているのがスゴイ!!
        この日の歩数  2万歩

    25日 諫早湾干拓道路と吉野ヶ里遺跡。
        佐賀県ってスゴイ!!(諫早湾は長崎だけど名護屋城は佐賀県)
        この日の歩数 2万歩

    26日 大宰府と宇佐神宮…お陰がありそうです。  
        この日の歩数 2万歩 
         BarBar「まだこもよ」へ…は行ってません。

28日(木) 職場の関係で表彰していただきました。

29日(金) 職場の送別会。120名の参加者。
  8名の退職者を代表して、ご挨拶をさせていただきました。今度は上手くできました。
  一人一人にお酒をついで回りました。
  ついに、食べ物は一口も食べれませんでした。
  …でも、満足。濃いーーぃひと時でした。
  二次会は、ホントに親しいメンバー5名で。
  久しぶりの午前様でした。

30日(土) いよいよ、辞令交付式。待望の「ひま爺」!!
    お預け昼からヨメと二人でお花見。5分咲きというところでしょうか。


31日(日) 広島の娘の家へ。
    昨年生まれた孫へ5月人形を買ってあげました。
    3歳の孫は、お正月と比べて、随分とお兄ちゃんになっていました。
    この間まで 聞かん坊だったのに、
    とっても聞き分けのいい子になっていて、
    ちょっとかわいそうでした。
    なので、ジイジがいっぱい遊んであげました。
     …えっ?違う? 
    いっぱい遊んでもらいました。  でした。

画像


4月1日(月) 辞令交付式
     なんと、高齢者の継続雇用。
     職場も同じ。
     肩書だけ無くなった。
     新しい上司の方。すみません。出しゃばらないようにがんばります。

      …という訳で、「ひま爺」は、もう少しお預けです。



全く話題が変わりますが、新しい令和の時代が今以上にいい時代でありますように。    

画像





前回、コメント頂きながら、まだお返事していないブロ友の皆さん。
遅くなってしまってごめんなさい。もちょっと時間ちょーだい。




























「令和」という元号は当初の案にはなく、3月になって急遽つくられたそうです。
本当は安倍首相の「安」をつけたかったそうです。「安久」とか「安永」とか。
天皇陛下と皇太子殿下の反対があって実現しなかったそうです。
皇室って、とてもリベラルですね。
ウヨは、令に和す=命令に従順  とか、
     中国の「令月風和」は暗愚な皇帝に
       愛想をつかした高級官僚が作った詩だ
     などといって留飲を下げているようです。
「令月」は2月の別称で、次期天皇の誕生月であり、とてもいいと思います。

松山の皇室御用達旅館「ふなや」でお昼を食す。

 松山の皇室御用達の旅館です。「ふなや」。ここでお食事会をしました。

 若い頃にここで会食をしたことがあるのですが、皇室専用の部屋には、皇室専用のトイレがあり、畳張りでした。広さはよく覚えていませんが6畳くらいだったかと思います。
 扉はない、と聞かされていたのですが、あったと思います。但し、鍵はなく、外から中のご様子がうかがい知れる様な構造だったかと思います。

 一昨年は愛媛国体があり、皇太子殿下や秋篠宮殿下・同妃殿下、眞子内親王殿下などがお泊りになられました。



夏目漱石が松山に住んでいた頃の句です。
      「 はじめてのふなや泊りをしぐれけり 」
強がりで、松山のことを全く褒めない漱石も、皇室御用達旅館には満足したようです。



「ふなや」という名称ですが、もともと「鮒屋」と書いたようです。

松山平野は、「伊予川」という暴れ川があって、大雨のたびに川の流れが変化していました。
道後温泉は、松山平野の中でも山際にありますが、この「道後」あたりから松山平野北部の「和気」海岸あたりは湿地帯で、川なのか、沼なのか、陸地なのかわからないような土地でした。(正確には、降水量によって川になったり、沼になったり、陸地になったりしていたのでしょう。)

なので、鮒(ふな)も身の回りに普通に生息しており、身近な食糧だったのでしょう。

僕が子供の頃は、祖父が、鮒や鯰(なまず)、泥鰌(どじょう)を近くの川や池で獲ってきて食べていました。
僕は嫌いでしたね。
海の魚は、初めから塩味がついていますが、川魚は塩味がしない。というか、味がない。
生臭さというものは、僕は今でもあまり気にならないのですが。
全く味気のない鮒の開きの一夜干し…。想像してみてください。あぁ、食べたことのない人には想像すらできないでしょう。



話は変わりますが、
かつてヤマト政権が百済を助けるための旅団船に、船の運航の安全を祈願するための巫女として、額田王(ぬかたのおおきみ)を同船させました。松山で潮を待っていたのですが、その潮待港のことを「熟田津(にきたつ)」と詠んだことが万葉集に残っているのですが、その「熟田津(にきたつ)」が海岸の「和気」なのか内陸の「道後」なのかがいまだに比定できていないのです。

常識的には、内陸部に「津」はないでしょう。

きっと大潮の時などは、満潮時には道後辺りまで潮が来て干潮になると和気の辺りまで引いたのでしょう。

言い換えれば、それくらい松山平野の海岸線は降水量や潮の干満によって変化していたということです。



おそらく、ヤマトの王族が大軍を引き連れて伊予の田舎に現れたのだから、地元の人々は大層畏れ、様々な献上品や料理でもてなしたことでしょう。
額田王(ぬかたのおおきみ)もきっと満足したのでしょう。
この地に、ありがたい神託にも近い言の葉を賜られたのでしょう。
         ・・・「熟田津」=「実り多き田のある港」と


「熟田津に船乗りせむと月待てば 潮もかないぬ いまは漕ぎ出でな」という有名な歌。
「実りの多い田んぼのある港で、いつでも船に乗れるよう、大潮を待っていた。潮の満潮も叶った。さぁ、漕ぎ出ていこう。」
   …という解釈。いかがですか。
「熟田津」はこの地の固有名詞ではなく、額田王の感謝の気持ちの表れた一般名詞ではないでしょうか。
(専門家のご意見、お待ちしています。)


「道後」から「和気」の一帯は、穀倉地帯であるとともに大雨が降ると、瀬戸内海から船が入って来れるくらいの湖沼となる、そんな土地だったようです。




話をもとに戻しましょう。

「ふなや」のお食事会の話です。


この話をする前に、今年のお正月の話をしなければいけません。
1月19日のことです。
下の娘が男の子を連れてきました。男の子といっても小学生とかではなく、僕のような年寄りから見た「子」であり、立派な青年です。
その日は、一緒に夕食を食べお酒も飲んだりして、楽しいひと時を過ごせました。

その青年は、とても心配りが細やかで、僕の大好きなお酒、と妻の大好きな羊羹を持ってきてくださいました。

画像画像


















やっと「ふなや」の話です。

昨日、この好青年とその父親、そして私たち夫婦と娘で会食をする機会を設けていただきました。

美味しい料理が次々と出されて、写真を撮りたかったのですが、初対面の方もおり、話すべきことも多く、写真は1枚だけです。

画像


とても楽しくて、充実したひと時を過ごすことが出来ました。














































隣国の経済成長率は我が国や欧米各国と比べて1桁~2桁は違う。
評論家は、「かの国の統計は信用できない。実際は〇%くらいだろう。」などと言っている。政治家も公式には発言しませんが、同じ考えだ。日本国民 然り。
ところが、近年、この国も「統計が信用できない国」に成り下がってしまった。情けない

ちょっとした飲み会

今年の2月14-15日は、職場の慰安旅行の予定でした。
1泊2日でお伊勢参りです。

うちの職場は、営業所とか含めて500人ほどいるのですが、北海道や京都など5つほどの旅行プランの中から選べます。
同じプランも2回あったりして、全部で10班ほどになります。
参加しない人もいるので、1班20人程度です。

ところが、今年は、諸事情があって職場の旅行が中止になってしまいました。

そこで、ボクたちの班のお暇なおじさんたちが集まって、残念会を開催しました。

画像

メガジョッキ(1㍑)のビールです。

いつもは3杯~5杯は飲んでいるのですが、この日は2杯しか飲めませんでした。
その後、チューハイ2杯飲みましたけど。

画像

いつも行きつけの店なのですが、おでんは、初めて頼みました。
鶏の手羽先や手羽元など珍しいネタ入りでした。

画像

お刺身です。
以前にも何度もアップしていますが、ここの刺身は本当においしいです。
さばきたてではなく、ちょうど熟成されているのです。
醤油もおいしいです。
ツレは、ここの醤油は森文だ、などと言っていますが、よくわかりません。

画像

毎度のことながら、ぐでんぐでんになりました。


2次会で軽く歌も歌ったのですが、いつもより早く酔いが回りました。

他のメンバーもおなじような感じでした。
年のせいかなぁ。。。




































最近、隣国で東京裁判を否定する人がいます。
東京裁判で刑に問われなかった人の息子に謝罪を求めています。
そんな話は、こちらに言わず、戦勝国に言って。二審を求めて。

今年最後の新年会

今年もいっぱい新年会がありました。
最近、料理を一品ずつ写真を撮っています。
回りの人も「写真撮り忘れてない?」などと言って気を使ってくれます。
それでも時々、撮り忘れがあります。

まぁ、写真を撮ることは目的ではなく、あくまでお酒と料理を楽しむのが目的ですから。

そんなこんなで、今年最後の新年会です。

中学校の同級生が集まりました。
先週。2月9日です。
毎年1月に集まっているのですが、今年は遅くなって、2月にずれ込んでしまいました。
なので、2月に入っても新年会です。

道後山手ホテルといって、松山ではまぁまぁお洒落なホテルです。

画像

到着時のテーブルです。こんな感じで準備してくれていました。

画像

松花堂弁当のような先付です。

画像

チョコブリのカルパッチョ。
愛媛県は、魚の養殖が盛んです。
ブリの出荷直前にチョコレートを食べさせるそうです。
このチョコレートを食べさせたブリがチョコブリです。
これは、決してチョコレート味のブリを作るためではありません。
チョコレートを食べさせると、さばいてから鮮度が落ちにくいのだそうです。

画像

甘鯛です。(たぶん…。)

画像


以上です。飲み放題6000円。
おじさん的には、あまりお腹が太らない。




画像

道後温泉本館でプロジェクションマッピングをやってました。


今年は、女性の参加が少なくて、ちょっと残念でした。

この後、男ばかりでスナックへ行ってカラオケしました。

最後は、同じ方向に帰る3人で万寿のタール麺を食べて帰りました。



















新年会④⑤

1月13.14日ヨメと高知へ1泊旅行に行きました。
故 あって、ムスメがプレゼントしてくれた旅行です。
これは、新年会ではありませんが、見栄を張って新年会にカウントします。



画像

高知名所の「はりまや橋」です。
昔は、「日本三大がっかり名所」などと悪口を言われてましたが、今は、立派な橋が架かっています。

画像

高知の呑兵衛の溜まり場、「ひろめ市場」です。

画像

焼き鯖の押し寿司とウツボの唐揚げです。
ビールは、メガと中。メガはヨメで中はボクです。
  …。あっ!反対でした。メガがボクで、中がヨメでした。

画像

高知のお約束、カツオのたたき です。

画像

鯨の刺身もありました。
鯨は現在、冷凍しかありませんが、間もなく生の刺身が食べられるようになりそうです。
…楽しみです。(政治的意図は全くありません。)
もう一品はしらすです。生しらすです。「のれそれ」もありました。迷った挙句、しらすにしました。

画像

ひろめ市場のど真ん中でカツオを藁で炙っています。「明神丸」という藁焼きのタタキで有名な店です。
松山にも店を出しています。



ひろめ市場でたくさん飲み食いしたのですが、旅館の料理はまた別腹。

画像


画像


画像


画像


以上が新年会④です。(新年会①②③は前ブログを武ご覧ください。)






翌日は、大好きな「ホテルの朝食バイキング」
画像

食べてしまった後で、写真を撮り忘れたことに気づきました。


画像

帰りは、知る人ぞ知る「岡豊城跡」へ寄って帰りました。




1月26日は、日頃から農業でお世話になっている人と二人ボッチ会です。
この人は、あまりお酒は召し上がらないのですが、ボクのために一席設けてくれました。

画像

画像

お刺身と天婦羅。

だし巻き卵がすごくおいしかったのですが、またまた、写真が上手く撮れていませんでした。
たぶん、蟹の甲羅を炙ってダシをとっていると思われます。

以上が新年会⑤です。





















新年会③

今年も新年会、盛りだくさんです。

1月8日(火)
職場の皆さんと、ちょっと コジャレたお店です。
ずいぶんと、アップが遅れました。


画像

入口。
真っ暗な道なので薄明かりも煌々と見えます。


画像

お刺身

画像


画像


画像


ビール2杯目

画像


画像


画像


日本酒も少々。

画像


春鹿 超辛口

画像


画像


画像





二次会も行きました。
画像


画像

かわいい置物と絵を飾っているお洒落なスナックです。(同業態を「バー」と呼ぶ地方もあるようです。)







ちなみに、本日のブログのタイトルをいきなり新年会③としてアップましたが、①②は、ありません。

新年会第1回目は、12月31から1月1日にかけて裏山の石鎚神社分社の集まりです。(2回前のブログ参照)

第2回目の新年会は、新年会ではありませんが、ボクの還暦祝いを2回目としてカウントしました。(前ブログ参照)




第4回、第5回、第6回も続けてアップ予定です。

遅れ遅れのアップになってます。(アップアップです…なんてね。)

なんだかんだで、年明け忙しいのよね。






















還暦 己亥(つちのと い)

今年は「己亥」です。(訓読みは「つちのと い」音読みは「きがい」)
十干十二支の36番目です。


十干について、ちょっと説明してみます。ご存知の方は、読み飛ばすなり、間違いを指摘するなりしてください。

十干は「じっかん」と読むようです。
(「じゅっかん」ではボクのWordでは出てきません。)

この世は木・火・土・金・水の5つにより構成されていると考えられていたそうです。
この世の構成要素です。
いつからそう認識されているのかは知りませんが、金(「かね」/きんではない)の存在を知っているので、既に銅器など金属を使っていた時代ではないかと推測されます。


今の物理学では、この世の構成要素は「素粒子」であろうか?
僕が子供の頃は、「陽子・中性子・電子」だったと思う。


私たちの祖先は、天球を不規則に動く不思議な星にこの名前を付けました。
水金地火木土天冥(すいきんちかもくどってんめい)の内、地球に近い水金火木土です。
当時の人は、天王星や冥王星の存在を知らなかったのでしょう。


この5つの要素は、全て兄と弟の二人兄弟です。
今の物理学でも「粒子」と「超対称性粒子」というものがあるそうですから、あながち昔の話を否定してはダメですね。

水の兄は「みずのえ」と呼ばれ「甲」と書きます。漢字の読みは「こう」です。
水の弟は「みずのと」と呼ばれ「乙」と書きます。同じく「おつ」です。

詳細は以下の通りです。

甲(木の兄=きのえ)(こう)
乙(木の弟=きのと)(おつorいつ・えつ)
丙(火の兄=ひのえ)(へい)
丁(火の弟=ひのと)(てい)
戊(土の兄=つちのえ)(ぼ)
己(土の弟=つちのと)(き)
庚(金の兄=かのえ)(こう)
辛(金の弟=かのと)(しん)
壬(水の兄=みずのえ)(じん)
癸(水の弟=みずのと)(き)
・・・・ 己と癸は、いずれも「き」と読みます


今年の十干は、「己」です。読みは「つちのと」or「き」です。



次に十二支について説明します。(だれでも知ってるから説明不要だって? まぁ、そう言わず読み流して!)

十二支は、かなり一般的に使われていて、ネズミ、ウシ、トラ、ウサギ、タツ、・・・の あれです。
漢字で書くと ≪ 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 ≫ の12個です。
決して ≪ 鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・鳥・犬・猪 ≫ などと書かないで。

(普通は、ネ・ウシ・トラ・ウ・タツ・ミ・ウマ・ヒツジ・サル・トリ・イヌ・イ と読みます。)
(音読みは、し・ちゅう・いん・ぼう・しん・し・ご・び・しん・ゆう・じゅつ・がい です。これはあまり馴染みがない。だけども十干十二支で熟語になった時はこの音読みになります。)

今年は、「亥」です。読みは「い」or「がい」です。



十干十二支は、「甲(きのえ)子(ね)」から始まって「癸(みずのと)亥(い)」で終わります。
日本語の難しい所で、読むときは、「甲子」は「こうし」と読み、「癸亥」は「きがい」と読みます。

「乙巳の変」や「壬申の乱」などは、この十干十二支によるネーミングです。
甲子園は「甲子」の年にできました。



つまり、十干十二支では今年は己亥(つちのと い・きがい)となります。



では、質問です。
次の己亥(きがい)の年は、何年後でしょう?



  ・・・ハイ、正解。60年後です。(2079年です。)



では、前回の己亥の年は、何年前でしょう?



  ・・・そうです。60年前です。(1959年・昭和34年です。)



ボクは、1959年・昭和34年生まれです。ちょうど前回の己亥の年に生まれました。
なので、今年、還暦を迎えました。
コヨミが一周したのです。



そんな訳でコレ!!


画像


画像


画像


画像


画像


画像


お子様ランチ
画像


記念写真
画像


みんな一緒に❣
画像




今年も良い年になりますように!❣


  p.s.・・・ 先付けとご飯もの の写真、 撮り忘れてました。
















今年のひま爺10大ニュース…今年はいい年だった。



年末休暇になりました。
ボクの職場は、基本的に年末休暇は12月31日の1日のみ。
ですが、今年は、ちょうど30日が日曜日でしかも29日の土曜日が休みの番だったので、今日から年末休暇になりました。(ちなみに、わが職場は、いまだに土曜日は隔週休みです。) …この時点では、29日。

朝からのんびりとコタツに入ってヌックヌックしてたのですが、あまりにも寒いので、いろいろ考え事をしていました。
ふっと思ったのが、「今年のボク、いい年だったなー」、ということです。

そんなこんなで(どんな?)、今年のボクの10大ニュースを考えてみました。(ヒマナノネ)

一番から考えていたのですが、やっぱり、ベストテンって10番から発表するものかな?と思い直しました。



ということで、

第10位 「飲み会のたびに記憶が飛ぶ」

年のせいでしょうか。
飲みすぎて記憶が飛んでしまうことがよくあります。
記憶が飛ぶほど飲めるって、精神的にも、金銭的にも、まわりの環境も恵まれているってことなんでしょうね。

まぁ、飲んでなくても物忘れはひどいですけど。




第9位 「連続テレビドラマを見始める」

モンテクリスト伯・正義のセ・シグナル・絶対零度・ハゲタカ・遺留品捜査・黄昏流星群・大恋愛
少し人生に余裕が出てきたのでしょうか。
連続ドラマを楽しみにするって、何十年ぶりだろう?




第8位 「ひま爺のブログがにわかに盛り上がる」

昨年末まで、ほとんどなかった気持玉がぽつりぽつりと入り始めたのが、年を明けて、コメントもたくさんいただくようになりました。
トテモウレシイ




第7位 「同窓会がいっぱい」

今年は、同窓会が沢山ありました。
ボクは、早生まれなので来年、還暦を迎えるのですが、同級生の大半は今年が還暦だったためということもあるでしょう。

高校の同窓会。これは、5年ごとに開催しているのですが、今年は、還暦記念ということで、イレギュラーに開催しました。500人ほどの同窓生の内、150人ほど集まってくれました。
ちなみに、ボクがクラスの世話人です。

職場の同い年の職員で飲み会をしました。いわゆる「来年停年」組です。
高卒の人や大卒の人、中途採用の人、合併で一緒になった人など様々ですが、楽しいひと時歩を過ごせました。これもボクが発起人です。

高校時代テニス、をしていたのですが、久しぶりでOB会(同い年とイッコ上の男だけ)です。




第6位 「地域活動に取り組む」

水利組合の溝掃除、お神輿、町内の夏祭り、石鎚分社の例会、お墓の掃除…など、ご近所の人たちと仲良くなる機会が増えました。

いよいよ、「ひま爺」その日が近づいています。




第5位 「アクティブな活動に取り組む」

とびしま海道ウォーキングと石鎚山清掃啓発登山の二つだけですが、とても楽しかったです。
来年へ向けて、世界が広がりそうです。




第4位 「スーパーボランティアの存在を知る」

あの尾畠さん。
あんな心優しい方が世の中にいらっしゃるんだ。
感動しました。
でも、やさしいだけでは、生きづらい世の中ですね。
なかなかまねできません。





第3位 「孫の誕生」

これは、1位でもいいんですけどね。
ちっちゃい子供は大好きで、子供の頃は保父さんになりたかったんですけど、時代がなかなか許してもらえず、ふつうのサラリーマンになりました。




第2位 「結婚30周年aniversary」

なにーーー!一位じゃないの?
うーーん。これも1位でもいいんですけどね。

記念旅行も行ったし、たのしかった。
旅行に行っただけで記念品とかのプレゼントは、なしです。
これで許してくれるヨメさん、ありがとう。




ところで、それじゃぁ、一位は何?

ということで、発表です。

ジャジャジャジャーン


第1位は「今年も大過なく過ごせました」です。

孫と遊ぶのも、ヨメと過ごすのも毎日元気に過ごせるからです。
  ヨメさん、ムスメちゃん、ダンナちゃん、マゴちゃん
    新しい年もよろしくね。





ブロク友達のみなさんも、いつでも訪ねてきてね。



29日に書き始めたのですが、お正月の準備で31日年内ギリギリのアップとなりました。

今から、石鎚山の分社へ行きます。
今年最後の忘年会です。
そこで、新年を迎えます。

















忘年会




先日、ちょっと上品なお店で忘年会をしました。


画像
ランチョンマット…?










画像
スパークリング日本酒
「すず音」









画像
「鱈の白子の玉締め」









学生のバイトちゃんが料理名を一生懸命言ってくれるのですが、充分に覚えてなくて、たどたどしくて、なかなか言えない。
ちょっと上品ないい店なのに、残念でした。。
…きれいな女の子っていいですね。とりあえず文句言われない。

ちなみに「玉締め」と言うのは「茶碗蒸し」の別名のようです。


画像
ホタテのしんじょう
ほうれん草
京都本しめじ
伊予美人おろしすり流し






…これも、バイトのお嬢ちゃんがたどたどしく教えてくれました。




画像
お造り五種
 いさき
 穴子
 鰆
 酢で〆た鯵
 ぼたん海老





画像
ぼたん海老はなぜぼたん海老と言うのか知ってました?
一緒に行った方によると、釦(ボタン)が2-3個あるから、だそうです。
…ホント?






画像
甘鯛の柚子七味焼き










画像
おしゃれな徳利で日本酒










画像
イトヨリの東寺蒸し
「東寺」というのは湯葉の別名だそうです。







今回の忘年会は勉強になるぅ!!







画像
「鰹の山椒煮をご飯に混ぜたもの」
…だそうです。

バイトのお嬢ちゃんがいっしょうけんめい教えてくれたので正式名称なのでしょう。








画像
デザートです。
紅マドンナ と あまおう












普段の忘年会では、たいがい写真を撮り忘れます。
今回は、ご一緒した人も写真を撮っており、忘れず全て撮ることが出来ました。

しかも、料理名は忘れないうちにボイスレコーダーに録音しました。
みんながボクのブログづくりに協力してくれました。ウレシイ。











大恋愛&黄昏流星群ロス

今日は、名前の通りひま爺な一日でした。

天気も悪いし、用事もいろいろあったのですが、勝手に自分ですべてキャンセルし、先週撮りだめておいたテレビドラマのビデオを見ました。
「大恋愛」と「黄昏流星群」です。

毎週リアルorビデオで見てましたが、遂に最終回です。
お昼ご飯を食べながら見てたのですが、途中から不覚にも涙してしまったのです。

ヨメが向かいに座ってご飯を食べていたので「あっごめん。かっこ悪いけどドラマ見て泣くよ!!」と言った途端に涙が溢れてきました。
ヨメが「私もリアルで見て泣いた。」と言いながら泣いてました。

全国の視聴者のみなさん、見た人は、皆、涙したことでしょう。



この二本は、今秋のテレビドラマの双璧と思っていたのですが、こと、最終回に流した涙に関しては、「大恋愛」に一本でした。



あぁ、しばらく、売れない雛壇芸人の全く笑えないお笑いの日々が続くのかーーー。

相棒のスペシャルとか、歌番組で新年のドラマまで繋ごう。





話は変わって、忘年会シーズンです。
今年は、今のところ4回。来週は3回。あとは、家族の忘年会だけです。
例年よりちょっと少ないです。

ウコンをのんで乗り切ろう!!


今年は、忘年会にのめりこみすぎて、写真を一切取ってません。
あさっての忘年会は、忘れないように撮ろう。












夏の想い出・孫と過ごした楽しかった日々

画像手つかずだった、「夏の想い出・孫バージョン」をそろそろ作成せねば、と思い始めました。

夜がすっかり長くなり、生活時間にも余裕が出始めたからでしょうか。


生まれた見てね!!

画像
庭での砂遊び。
みんなで楽しかった花火。
何度も楽しみました。


5月の連休に里帰り出産でやってきて7月中旬まで、2ヶ月少々滞在してました。
とても忙しく かつ とても楽しかった日々です。




画像虫取りにも何度も行きました。
まだ、ジイジの方が上手にできます。
画像


















画像
ジイジのお布団でかくれんぼをしたり、
ホームセンターでトランポリンを始めたらいつまでも続けたり、
ジイジのビール(ホッピー)あけてくれたり、
画像

画像





画像飛行機の見える公園です。
知らないお友達が遊んでくれましたが、まだ一人遊びの方が楽しいようでした。
写真は、母親と飛行機を眺めるマゴ。
ムスメ(母親)のお腹もまだ大きい。







そして、新たな命。いよいよ二人目のマゴの誕生。
昨日まで赤ちゃんに見えた上のマゴが、一日でお兄ちゃんに見えるようになりました。

画像
生まれた翌日。
ちっちゃい手。

でも、今の赤ちゃんは意外としっかりしてる!!






赤ちゃんの担当はバアバと母親です。赤ちゃんが生まれても、長男はボクの担当です。

ちなみに、里帰り出産だったので、父親は、律儀にも毎週 船に乗って来てくれていました。

台風の被害で道路やJRが通行止めになり、苦労をかけました。



動物園にも行ってきました。
雨降りだったので、近くの子ども館へ孫と二人で行ったのですが、
小雨になったので、急遽思いついて、二人で動物園に行きました。

正直、しんどかった。
ケド、たのしかった。

画像
ぞうさん。

画像

ペンギン。元祖 空飛ぶペンギンです。

画像
かき氷も1個ずつ食べました。ジイジのほうが腹、痛くなりそう。3歳になったばかりの子がなんでこんなに食べれるのだろう?

画像
お約束の記念写真。
ブログアップを気にしてか、顔を見せないお孫ちゃん。
よくできた子です!?






画像画像七夕飾りを作りました。
本来、当地での七夕は8月7日なのですが、マゴがいる間にと、7月7日に作りました。
}画像











孫の前でもおちゃめなひま爺です。


































秋より高き 天守閣

画像
松山や

秋より高き

天守閣





毎年楽しみにしている「えひめ まつやま すごいもの博」が今年も堀之内公園で開催されました。

ヨメと二人で楽しいひと時を過ごせました。

お天気にも恵まれ、いっぱい買い食いしました。







画像

こんな感じ。

ひそかに尊敬する地方タレント(ものまねパブ経営者)松山小春師匠も出演されてました。




画像

お昼ご飯は、ドイツビール。




画像
松山の人はみんな大好き、つば九郎。















過去ブロも来てね」について


















何にもない一日ありがとう

画像


家のそばのお地蔵さんに野の花をお供えしました。

今日は、久しぶりに何もすることがなくて、ゆっくりできました。

なんにもない一日、ありがとう。



















最近、5時頃から眠れないのに、今朝は8時頃まで眠れました。
ゆっくり眠れると、とても気分がいいものです。


朝のうちに選挙に行ってきました。
今日は、県知事と市長のW選挙です。
投票率、低そうです。


昼からは昨日買ったプリンターのセットアップをしました。
wifiでつながったプリンターです。
無線LANなので、置き場所(格納場所)が自由なのがいいです。ウレシイ。



あとは、風呂に入って、晩酌して寝るだけです。


















霊峰石鎚山登頂  そして、初めての職場同級会

画像天下の霊峰石鎚山に登って来ました。頂上のそのまた頂上、天狗岳です。


松山平野およびその周辺部に住む人々は、皆、自分たちは石鎚山に守られていると感じています。

今年は台風の当たり年で、進路予想図などを見ていると、まともに松山直撃!!というようなコースもありました。
しかし、私たちのほとんどは、台風は石鎚山を避けて左右どちらかに迂回するだろうと安心していました。
事実、淡路島から大阪方面や南予地方は、大災害に見舞われましたが、松山は大きな影響はありませんでした。



11月4日、愛媛県主催の石鎚山清掃に参加してきました。
清掃といっても、ゴミなんかはひとつも落ちていませんでした。
綺麗な石鎚山を守る、啓発運動のひとつ、とのことでした。
お陰で、楽しい登山が出来ました。



画像

霊峰石鎚

画像

こんなところを登ります。登るというよりも這う感じです。
ホントーに怖かった。
でも、70歳から80歳のじいさん、ばあさんのグループもいました。
あっぱれ‼

画像

友人もできました。
真ん中がボク。
向かって右が一緒に行ったオトモダチ。
左側が今回新しくできたオトモダチ。
個人情報の関係もあり、加工を施させていただきました。写真もちっちゃめです。


画像

普通の登山者はここまで。成就社と言います。満員でした。


画像

道中の紅葉も見ごろでした。










話は代わりますが、昨日(11月10日)は、職場の同級会を開催しました。
初めての同級会です。
取敢えずボクが言い出しっぺ兼幹事です。
ボクの職場は、出先(営業所)も含めて約500名の職員がいます。
その内、同い年が17名でした。
「でした」という表現もいかがとは思うのですが、正直同い年が何人いるのか、この企画をするまでわかっていませんでした。
ボクの職場は、ご多分にもれず、合併で大きくなり、新人の頃は全く別組織であったものが現在は同じ仕事仲間になっていたりします。同期の女の子は全員寿退職です。また、いったん寿退社した方がパートに来ていたりと、いろいろな雇用形態があります。出世して役員になった人もいます。


今回、60歳で定年退職するにあたって、ボクとしては、是非、全員で集まりたいと前々から考えていたのです。
人事課に頼んでExcelで名簿をもらい、生年月日準に並べればすぐでした。

17名中、14名が集まってくれました。思いのほかたくさん集まってくれました。
ウレシカッタ。

画像

ひま爺手作りの看板の前で写真を撮ろうと言っていたのですが、気づいた時にはみんな二次会へ向かっていました。
仕方がないので、残っていたメンバーで写真をとりました。
苦心して作った看板なので、アップしておきます。
写真を撮った後、急いで二次会に向かいました。
先に出た連中は途中で道に迷ってたので、すぐ追いつきました。


画像
二次会では、相変わらずおちゃめなひま爺です。



































わが家のかしこいペットたち

わが家の賢いペットたちです。
ワンちゃんの名前は はる
トリちゃんの名前は こはる です。

画像


結構、賢いです。




それはそうと…
昨日、近所にオープンした焼肉屋に行ってきました。

新築開店のため半年くらい休んでたのが、やっとオープンしてくれました。

近頃の建築屋さんは、オリンピックのせいだと言って、なかなか工事を進めません。
ボルトなどの部品が間に合わなくて、工期全体が遅れることは多々あるようです。

この焼肉屋さんはワガヤのお気に入りで、8月オープンと聞いて楽しみにしていたのに、2ヶ月も遅れました。

画像



今回、気に入ったのはコレ‼
画像

中落ちカルビ一本焼き







話は変わって…。

一昨日は、いつものメンバーで
いつもの さかなのおいしい店で一杯やりました。
…ご推察の通り、二連荘です。

画像



もちろん2次会も盛り上がりました。

画像


こちらも見てね。新年会の三段跳び








またまた、話が変わりますが、

4日前は、職場の非常勤役員さんから急に「今晩一杯どう?」と声を掛けられました。

断るすべを知らないボクですから、もちろんお付き合いしました。

画像画像







「お刺身の盛り合わせ」と「クジラの赤身」


なので、考えてみると、中一日の三連荘でした。




























秋祭り&大北海道展

秋祭り、楽しかった。



松山は、あまり有名ではありませんが、毎年10月7日が地方祭で、そこかしこで神輿がでています。
また、そこかしこで、けんか神輿をやってます。

「見せる」けんか神輿では、道後が圧倒的に有名です。
でも、他の所でも、いろんなところでけんか神輿をやってます。
それぞれ自分たちのためにやってるので、いつどこで、やってるかは、松山の人も十分把握しきれていません。





ということで、今年は、地元で、初めて本格的にお神輿をかきました。

「本格的」というのは、今までも、たまにお神輿をかいたことはあるのですが、今年は、準備からお手伝いをしたのです。本格的なお神輿デビューです。
還暦を前にして、いよいよお神輿デビューを果たしたのです。
「ひま爺イヴ」から「ひま爺」へ一歩前進しました。ウレシイ。



ボクの地区は、昔からけんか神輿をやっています。
松山では、近年、道後に近隣の神輿が集まって鉢合わせをしています。ある意味観光神輿です。(迫力はもんのすごいです。ホンモノです)

コチラ地元は、ボクが子供の頃からずっとやってます。その分、歴史が違います。
でも、コチラの神輿は、2体だけです。迫力は負けません。

画像


南北対抗戦です。
ボクは北組です。(エンジ色の方)
こちらの方で頭に黄色い手ぬぐいを巻いているのがボクです。

画像
こんな感じです。






















画像


こちらは宮入の鉢合わせです。

朝の宮出しは、地元の農協の駐車場でやっているので会場が広いのですが、
宮入の時は、神社の境内で行うのでとても狭いです。
狭いところで、おもいっきりぶつけるので、けっこう怖いです。
しかも、夜は、みんな酔ってるからね。

ボクも神輿と狛犬の間に挟まれそうになりました。一歩まちがえれば、大けがをします。
去年は救急車がきました。

「還熊八幡神社/鉢合わせ」で検索すれば、そこそこ動画もアップされてます。
見てみてね。


松山の秋祭りは、そこそこで、けんか神輿をやってて、数年に一度は死人が出てます。

















話は変わりますが、今週から大北海道展が始まりました。
地元の百貨店(伊予鉄高島屋)で毎年開催されています。
愛媛県民は、北海道が大好きです。
この伊予鉄高島屋の北海道展は、全国の北海道展の中で一番売り上げが高いのです。(たぶん)

画像

五稜郭寿司料理 谷ふじ
海鮮弁当  うに、いくら、さけ、ほっき、タラバ、ズワイ、etc…。


画像

小樽なると屋 若鳥半身揚げ

北海道では有名なのでしょうか?
おいしかったです。
お酒がすすみました。
ビール3本、焼酎ロック1杯で酔っちゃいました。